ノルバスクは医師が処方する場合は血圧が下がりすぎないよう注意をして処方してくれます。
高血圧に効果的な薬は他にも種類があり、例えばラシックスがあります。
ラシックスは利尿剤としての作用を持っていますが、血液の余分な水分を減らすことによって血圧を下げてくれるためむくみの解消になると、ラシックスをダイエット目的で使っている方もいます。
しかし薬を服用する際は副作用に気を付けなければならないのはもちろんですが、色々な事が原因で血圧が下がりすぎる事もあるのです。
その場合には対処方法があります。
まずはノルバスクやラシックスの使用を中止してください。
ノルバスクは実は一度くらいなら忘れても大丈夫な薬なのです。
一度やめたからと言って高血圧で困ることがありません。次の時に忘れた二回分飲む必要もありませんし、むしろ安全のために容量を超える服用は禁止されています。
そして血圧が下がりすぎたことを調べるために血圧計を使って測定してください。最初は緊張しているので少し高めになるかもしれませんが三回ほど測定するといいでしょう。
いつもの血圧よりもかなり下がっていると分かった場合はすぐに病院に連絡して測定した血圧を通知してください。
すると対処方法を教えてくれます。
めまいがする程度で意識がはっきりしている場合には医師からのアドバイスで乗り切られるのですが。そうでない場合には病院に行く事になります。もちろん自分ではいけませんので家族などに送ってもらってください。それもできない場合には救急車を使いましょう。
血圧が下がったときにしてはいけないのは薬を続けることです。
また仕事中の方で肉体労働をしている方は無理をしないようにしましょう。
高所での作業をしていますと非常に危険です。
また妊娠の可能性のある女性はそのことを伝えるようにしてください。
血圧が下がりすぎるのは割と良くあることです。それほど重篤な症状にならないことがほとんどです。一度血圧が下がりすぎてそのあとまた上がった場合でも報告をしておくと次からは医師ものノルバスクを処方する時に考えてくれるでしょう。