高血圧は代表的な生活習慣病の1つで、動脈硬化、喫煙など様々な要因によって発症します。高血圧治療薬の代表例としてノルバスクという薬が挙げられます。ノルバスクの有効成分はアムロジピンでカルシウム拮抗薬という分類に属しています。アムロジピンは血管平滑筋に存在するカルシウムチャネルを阻害します。このカルシウムチャネルは血管平滑筋が収縮するために必須の働きを担っています。つまりアムロジピンがこのカルシウムチャネルを阻害することで、血管が収縮せず、拡張して、血圧が下がります。降圧効果に関しては、他の分類の高血圧治療薬と比較して圧倒的に高く、エンドポイントを降圧とする高血圧治療においては最も使い勝手のいい薬となっています。ただノルバスクには薬物間相互作用を起こす薬が多く、併用薬には注意が必要です。なぜ相互作用を起こす薬が多いかというと、薬の代表的な代謝酵素CYP3A4によって代謝されるため、そしてP糖タンパクによる排出を受けるためです。この2つの排出機構は多くの薬の通り道であり、それを競合し合うと血中濃度が大きく変化する可能性があるわけです。
ところで食事中には血圧上昇が起こりやすいです。そのメカニズムを説明すると、食事をしている時には交感神経が優位に働きます。すると交感神経の働きによって、血管収縮、心臓のポンプ機能亢進などが起こり、結果、血圧上昇が起こります。
ノルバスクはこの食事による血圧上昇にも有効な薬です。とにかく血圧を手っ取り早く下げるということに関しては最もこのカルシウム拮抗薬が優れています。しかもノルバスクは通常1日1回の服用で済むという利点もあります。ただ血圧を下げやすい分下がりすぎた時には低血圧によるめまい、ふらつきを起こしやすいということもあるので注意しましょう。