高血圧治療に用いられる降圧剤には多様な種類があり、高血圧治療薬一覧を見るとカルシウム拮抗薬、利尿剤、β遮断薬、ACE阻害剤、ARBなど多数のものが掲載されています。こういった高血圧治療薬一覧を見るとなぜ自分がある薬を処方されたのかと疑問に思うのが当然です。こういった治療薬一覧の中からより良いと医師が考えたものが処方されているのが一般的ですが、場合によっては使用経験が多いものからまずは試してみているということもあります。
ノルバスクはその意味でよく使われるカルシウム拮抗薬です。多くの医療機関で使用されてきた歴史が長いことからノルバスクをまずは処方するということはよく見られます。その降圧作用の強さと持続性もノルバスクが信頼を得て使用されている理由です。ノルバスクにはジェネリックも登場しており、薬価の低減に寄与しています。
一方、高血圧治療の市場が拡大していることからクリニック間での患者の争奪戦も起こっています。駅に近いことを売りにして患者を集めたり、駅に広告看板をつけて患者にクリニックについての認識を高めてもらうというのが比較的多く用いられている方法です。多くの生活習慣病の高血圧患者は繰り返し通院することによって医師の判断をあおいでいくことが多いことから、駅に近いというのは特に都心部においては便利であり、主要駅の近くにクリニックを構えるという営業展開が一般的に行われるようになってきています。基本的な高血圧治療であれば循環器内科等の専門のクリニックでなくとも一般内科で十分であるということもこういったクリニックが増えている理由であり、これからも高血圧に悩む人が増えるにつれてその患者獲得競争が広まっていくでしょう。